2014/09

『恋』小池真理子

1995年に第114回直木賞を受賞した小池真理子の傑作とのこと。昨年暮にTBSでドラマ化され、それを見たきっかけで原作を読んでみたくなり手に取りました。題名だけ見ると、いい年したおっさんが読むような小説ではないですが、内容は一人の女子大生が起こした殺人事件。

続きを読む

2012/09

『火星年代記』『華氏451度』 レイ・ブラッドベリ

6月にレイ・ブラッドベリが死去したというニュースが流れ、大型書店では早川や創元の文庫を中心にした追悼キャンペーンをやっていました。

続きを読む

2009/09

2009/04

『カラマーゾフの兄弟−まんがで読破』

51qs4zlofkl_sl500_aa240_有名な「大審問官」の章も省略。昔読んだ時に「大審問官」以上に戦慄した、例の殺人者が坊さんに懺悔する話も無しときた。酷いというほどのあらすじ展開だが、若者の活字離れが激しい昨今、こういう企画もどしどしあっていいのではないかと思う。2〜3時間もあれば読めるカラマーゾフ。中2の息子にもさっそくおすすめ、即読了w

思想小説の深みを完全に取りさって、みごとに三流サスペンスドラマ化した分、おそろしく読みやすい。「オレはカラマーゾフを4回以上読んだ」とどこかで村上春樹が書いていたっけ。世間に数多居る村上春樹ファンのあなた。春樹の文体なら読めるけど、この元死刑囚の大小説家の文はちょっと〜と引いていたなら、このマンガから入門しましょうw

入口は何でもいいわけで、これをきっかけにドストエフスキーファンの深みにはまって、ドッペルゲンガーでも見えてきたら本物です。

この本を出しているイースト・プレスという会社は、けっこう変なものまでマンガ化していて面白い。昨年は「蟹工船」ブームに便乗したらしいが、見ればダンテやマキアベッリやキェルケゴールにニーチェやマルクスまである。「資本論」をマンガってどーゆーこと? と読めば、「金が何でできているか知ってるか?」だそうである。銭ゲバかよ!

只今、漫画化してもらいたい名作を募集中。「漫画化してもらいたい名作はなんですか?」だそうである。僕の依頼したいのは、さしずめフォークナーの『アブサロム、アブサロム!』でしょうか。ストーリーのドロドロ度数かなり高いです。売れなさそーだけど...。

検索ボックス
 
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
本家(ややこしい話はこちら)
最近の記事
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
最近のコメント
結局地デジw
 ⇒ 日田こまち (08/18)
 ⇒ JGB (01/03)
 ⇒ コットン。 (12/25)
 ⇒ 豊後各駅停車 (12/09)
『アナ雪』
 ⇒ 日田こまち (08/05)
The Long Goodbye
 ⇒ 日田こまち (07/27)
『輝ける闇』 開高 健(著)
 ⇒ sol (09/04)
村上春樹の『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』は社会主義批判か?
 ⇒ AK (03/13)
スティーブ・ジョブズの友人
 ⇒ jgb (11/20)
 ⇒ busayo_dic (11/16)
 ⇒ yutakarlson (10/09)