2017/11

Marillion Japan Tour 2017 @ CLUB CITTA'

マリリオンのコンサートin川崎CLUB CITTAに行ってきました。

日程は10/21(金)、21(土)の2日間。もちろん2日ともです。



続きを読む
posted by jgb at 14:52 | Comment(0) | 音楽

2017/06

マリリオン『F E A R』

2004年に発表されたアルバム「marbles」がヨーロッパでそれなりにヒットして以来、このバンドが創りだす音に深さや広がりが増してきたと感じる。きっとキーボード担当のマーク・ケリーの貢献が大きいんじゃないかと勝手に想像している。


91zwnkOwgqL._SL1500_.jpg

よく書かれているようなポンプ・ロックの代表格といった代名詞は、ポンプ・ロックって何?な世代の私にはピンとこないものの、=ネオ・プログレッシブ・ロックと説明されると納得できる。しかしこのバンドの音は、プログレッシブ・ロックの枠ではもう収まらないような、全く昔とは違ったものに変化してきている。そしてその変化の方向が、確かにプログレらしいスペイシーで壮大な音を継承しながらも、今自分たちが住んでいる世界の日常的な感覚に寄り添うものになってきていると感じる。

フィッシュのボーカルの後を継いだスティーヴ・ホガースの時代になって、特に2000年台以降そうした新しい音が全面に出てきている。

続きを読む
posted by jgb at 12:36 | Comment(0) | 音楽

2015/10

Salyu with 小林武史 Premium Symphonic Concert

10/4のSalyuのコンサート(in西宮の兵庫県立芸術文化センター)に行って来ました。
今回はオーケストラをバックに歌うってことで、どんな感じになるのか、とっても期待。
続きを読む
posted by jgb at 10:30 | Comment(0) | 音楽

2015/09

「一触即発」 四人囃子

41EM0SM8MCL 超久しぶりに四人囃子の「一触即発」を聞いてみた。

 四人囃子は、僕が初めて行ったコンサートのバンドなのです。

高校2年くらいだったかな、当時キング・クリムゾンとかピンク・フロイド、イエス、EL&Pといったブリティッシュ・プログレにハマり始めた僕は、同じ音楽好きの同級生に誘われて行ったのでした。

「おい!四人囃子が来るらしいぞ。行ってみないか!」当時、四人囃子のレコードはまだ持っていなかったけれど、友人のこの言葉に、人生初めてのロックコンサートということもあって、すげーわくわくしました。


続きを読む
posted by jgb at 16:22 | Comment(0) | 音楽

2009/11

Steve Vai - "Tender Surrender"

外人様は表現がオーバーだとはわかってるけどさー。
何もここまでしなくちゃ、ギター弾けないかなー???

続きを読む
posted by jgb at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
検索ボックス
 
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
本家(ややこしい話はこちら)
最近の記事
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
最近のコメント
結局地デジw
 ⇒ 日田こまち (08/18)
 ⇒ JGB (01/03)
 ⇒ コットン。 (12/25)
 ⇒ 豊後各駅停車 (12/09)
『アナ雪』
 ⇒ 日田こまち (08/05)
The Long Goodbye
 ⇒ 日田こまち (07/27)
『輝ける闇』 開高 健(著)
 ⇒ sol (09/04)
村上春樹の『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』は社会主義批判か?
 ⇒ AK (03/13)
スティーブ・ジョブズの友人
 ⇒ jgb (11/20)
 ⇒ busayo_dic (11/16)
 ⇒ yutakarlson (10/09)